平成23年度 JARL愛媛県支部主催マイクロ波帯講習会


日本アマチュア無線連盟(JARL)愛媛県支部主催マイクロ波帯講習会が松山市で開催されました。
 
平成23年10月16日(日曜日)午前10時〜愛媛大学農学部で開催した。
この講習会は初代JARL愛媛県支部長 松本純一氏が昭和55年12月21日に製作講習会(1200MHz帯トランスバーター)を開催、愛媛でマイクロ波帯を積極的に活用して行こう!!が始まりで現在に至っている。
当時の会場も今回の会場隣、愛媛大学付属農業高校で1,2GHzトランスバーターの製作講習会が行われた。
以後毎年、年次的にHz・24GHz・47GHz・77GHzの製作講習会を開催し西日本で先行した。
第1回目の講習会の講師がJH1UGF、槇岡さん(横浜市)で、現在も講師としてお願いしている。・・既に31年講師として松山市に来ている。
今年は、槇岡講師は急用が勃発して来松出来ず、愛媛大学農学部 羽藤先生を迎えて開催した。
昨今通信手段の激変で昭和の時代と講習内容が変わりましたがこれからも講習会を
継続して行きます・・・現支部長 薦田支部長の心意気です。
 
 今回講習会の参加者に、市内高等学校一年生(東大志望)と愛媛大学4回生の学生さんが参加して頂き、愛媛に若いマイクロ波の局が誕生しそうであります・・継続は力ナリ・・と今回熟感じました。
そして大災害発生時には非常無線活動が即運用できる日頃からの機器の整備と運用技術の訓練が必要であり講習会でも織り込まれている。
 
参加者は西日本を中心にマイクロ波帯に興味のある局の参加を頂いた。


                    記

1、日   時 平成22年10月16日(日) 午前10時〜午後2時
2、場   所 愛媛大学農学部
3、主   催 日本アマチュア無線連盟愛媛県支部
4、実技講習 愛媛大学農学部 羽藤先生
5、講習内容 新たなマイクロウエーブ機器の使用に付いて・・機器を使いながら
         無線LANの運用技術について
6、移動運用報告
       マイクロウエーブ大分各局が10月2日(日)にデジタルATVを中心に移動運用を行った様子を動画で紹介した。使用周波数は5GHz・10GHz。



詳細は、次のwordファイルを参照ください。

詳細はこちらから
(うまく開けないときは、こちらから)
2011年10月16日(日) No.1613 (活動報告::平成23年(2011年))