[ デジタル ATV] 大分⇔愛媛 102Kmの実験(9/14) 10.4GHz帯でも成功


 14日(日曜日)、デジタルATV実験を大分県国東市と愛媛県
伊予市の間において行いました。
 今回は、5GHzと10.1GHz,10.4GHzの3つのバンドで行い、
良い結果が得られました。
 また、FM-ATVとの画質比較実験もしました。

−−−−−+−−−−−+−−−−−+−−−−−+−−−−−
5GHzのFM音声(F3E)においてアンテナの指向性を合わせた後、
大分より送信開始、直ぐにM5Dで受信できました。
次に愛媛から送信すると、大分側でこれまた直ぐにM5Dで受信でき
画像の交換をしました。
 伝播距離は、102Kmでしたが大変鮮明な画質でした。
ワイド画面(アスペクト比16:9)で電送しましたので迫力があります。
相手局のカメラがこちらのモニターに直接つながった感じで画質の
劣化は全く感じられません。
−−−−−+−−−−−+−−−−−+−−−−−+−−−−−
 続いて、10.1GHz,10.4GHzでも交信を試みました。
10.1GHzは当局のトランスバーターの受信部が故障し、1Wayとなり
残念な結果でした。
 気を取り直して、10.4GHzに移り、素晴らしい画像の交換ができて
2Way交信に成功しました。
−−−−−+−−−−−+−−−−−+−−−−−+−−−−−

 その後、5GHz帯において、デジタルとアナログ(FM-ATV)との画質
比較実験を行いました。
送信出力、アンテナの大きさ、映像ソースを同じにしての比較です。
 やはり、FM-ATVではノイズが画面に入ったり、フェージングで画質が
頻繁に変化します。
この点、デジタル方式では鮮明な画像を終始維持し続けました。
−−−−−+−−−−−+−−−−−+−−−−−+−−−−−
 受信画像は、その場でDVDプレーヤーに記録しました。
今後の実験の資料にします。
10.1GHzは次回の課題になりました。
もうひとつ上の24GHzも実験に加えたいと思っています。

−−−−−+−−−−−+−−−−−+−−−−−+−−−−−
 大分移動地 国東市「小城観音」
  〃 参加局 JA6CAM,JA6LXR,JA6SPI,JA6JNR,JJ6DRF
 愛媛移動地 伊予市「水晶ケ森」
  〃 参加局 JA5GYU (孤軍奮闘)
  〃 設備 
 D-ATVトランシーバー、FM-ATVトランシーバー
5GHz UTV-5600BPL + LNA + HPA(2W) 50cmパラポラ
10.1GHz UTV-10GL + LNA + HPA(2W) 50cmパラポラ
10.4GHz UTV-10GL(10.4GHz仕様) + HPA(2W) 35cmパラポラ






de JA5GYU
2008年09月14日(日) No.398 (活動報告::平成20年(2008年))
Comment(10)